キイロスズメバチ

スズメバチの基礎知識

【注意】危険なキイロスズメバチ(ケブカスズメバチ)の見分け方と対策

投稿日:

「キイロスズメバチってどんなハチなの?」
「他のハチとどうやって見分ければいいの…?」

ハチおじ
みなさんこんにちは!ハチおじです!
被害件数が最も多い!キイロスズメバチについてご紹介いたします!

キイロスズメバチは軒下・樹木の枝・ゴミ箱の中など、さまざまな場所に巨大なボール状の巣を作ります。
エサも昆虫だけでなく、人間が出したゴミやジュースの飲み残しといったものも好んで口にするんです。

このような適応力の高さから、最近では私たちが生活する都市部での生息数が増加しています。
その結果、キイロスズメバチによる刺傷被害が数多く発生しているんです。

ハチおじ
さらにキイロスズメバチは巣に近づいただけで攻撃してくる、非常に危険なハチなんですよ…

キイロスズメバチを見かけても、決して近づいてはいけません。
すでに巣を作られてしまった場合は、刺されてしまう前にスズメバチ駆除の専門業者にご相談することをオススメいたします。

「そもそも本当にキイロスズメバチなのかな…?」と気になる方もいらっしゃいますよね。
そこでこの記事ではキイロスズメバチかどうかの判断ができるように、見た目や巣の特徴、見間違えやすいアシナガバチとの見分け方についてもご紹介いたします。

刺されないための対処法もお伝えしますので、しっかり確認して被害を未然に防ぎましょう。
それではまいります!

ハチおじのコンセプト

【ハチおじ】スズメバチ大好きおじさんのスズメバチ相談室は、スズメバチに関するあらゆる悩みの解決を目的として運営しているサイトです。
豊富な知識や駆除経験を持つ歴30年のハチ愛好家・ハチおじが、生態や駆除方法、対策方法までスズメバチの悩みをまるっと解決します。
▶サイト立ち上げの思いを詳しく見る

キイロスズメバチの生態

キイロスズメバチの生態

キイロスズメバチの基本的な生態についてみていきましょう。

和名 キイロスズメバチ(ケブカスズメバチ)
学名 Vespa simillima xanthoptera
英名 Japanese yellow hornet
原産地 日本
日本での分布 北海道(ケブカスズメバチ)、本州、四国、九州、対馬、種子島、屋久島
見た目の特徴 ・全体的にオレンジ色っぽい
・目の周り:黒っぽい
・背中:オレンジ色の模様あり

キイロスズメバチは、生息する地域によって呼び方が変わります。
北海道ではケブカスズメバチ、本州以南ではキイロスズメバチと呼ばれているんですよ。

ハチおじ
両種の違いはほとんどなく、見分けるのが難しいんです。
そのため、基本的には同じ種類だと思っていて問題ありません!

ケブカの別名の通り、キイロスズメバチは全身に細かい毛が生えていて、オレンジ色っぽい見た目をしています。

大きさは他のスズメバチと比べると小さく、女王バチは2.5〜2.8cm、働きバチは1.7〜2.4cmほどです。

攻撃性

キイロスズメバチは非常に攻撃性が高く、その凶暴さは最強とも評されるオオスズメバチに匹敵するほどです。

とくに巣に対する警戒心が強く、攻撃性がピークになる9〜10月ごろになると、10メートル以上離れていても威嚇行動をとることがあります。
巣を守るためであれば近づいてきた敵に威嚇なしで攻撃してくることもあり、大きな巣の場合には1,000匹以上の働きバチが一斉に襲ってきます。

毒のうにある毒の量は0.4mgとオオスズメバチの1.1mgについで多いため、刺されたときの症状も深刻になってしまうんです。

生活史

キイロスズメバチは他種のスズメバチに比べて、活動期間が長いのが特徴です。
多くのスズメバチが4月〜11月ごろまで活動するのに対し、キイロスズメバチは4月から12月ごろまで活動することもあります。

ハチおじ
まれに、3月ごろから活動をはじめる女王バチもいるようです!

冬眠から目覚めた女王バチは4月〜5月ごろに巣作りを開始。
巣の増築から出産、働きバチの世話まですべて一匹で行います。

6月〜8月ごろになると働きバチが成長、数も増えはじめます。
1,000匹以上の働きバチが生まれることもあるため、巣が手狭になるとより広い場所を求めて巣の引越しを行うことがあるんです。

9月に入ると働きバチの攻撃性がピークに達します。
気温が下がるとエサとなる昆虫が減ってしまうため、生き残りをかけて必死になるんですね。
また、この時期にオスバチと新女王バチが生まれます。

本格的な冬に入る11月〜12月になると、働きバチと旧女王バチ、交尾を終えたオスバチは死んでしまい、新女王バチは朽木の中などで越冬します。

食性

キイロスズメバチはエサにこだわりがなく、なんでも食べてしまいます。
たとえば、次のようなものです。

  • 昆虫や幼虫
  • 樹液や花、果実の蜜
  • 捨てられた魚などのゴミ
  • 空き缶に残ったジュース、清涼飲料水
ハチおじ
ゴミであってもエサにするほど食性が幅広いため、人間が多い都心部にまで生息地を広げることができるんですね

また昆虫を狩る技術も高く、飛んでいるミツバチを空中で待ち構え(ホバリング)、そのまま捕まえるといったこともできます。

このハチはキイロスズメバチ?見分けるポイントとは

キイロスズメバチと他種のスズメバチを見分けるポイントは、背中にある模様です。
ほとんどのスズメバチは背中が黒一色ですが、キイロスズメバチは背中の一部、とくに翅の付け根にオレンジ色の模様があります。

キイロスズメバチを見分ける方法

さらに詳しく

こちらの記事では、危険なスズメバチ9種類の見分け方をご紹介した上で、それぞれの生態について詳しく解説しています!
スズメバチは9種類いる!危険性と対策を知って冷静に対処しよう

そっくり?アシナガバチとの違い

実はキイロスズメバチとアシナガバチは、その見た目がそっくりです。
とくに下に示すキアシナガバチはよく似ていて、働きバチの大きさや背中に模様がある点も共通しているんです。

キアシナガバチの巣

この2種類を見分けるポイントは次の3つです

ポイント キイロスズメバチ キアシナガバチ
体の色 赤みがかった黄色オレンジ色に近い 黄色
飛び方 素早く、直線的に飛ぶ 後ろ足をだらりとさげ、フラフラと飛ぶ
巣の形状 大きいボール状 シャワーヘッド型

とくに違いが出るのは、巣の形状です。
キイロスズメバチの巣の特徴については、この後さらに詳しくご紹介しますよ。

ハチおじ
キアシナガバチはアシナガバチの中でも攻撃性が高い危険なハチ!キイロスズメバチではないからといって、油断禁物ですよ!

どちらのハチであっても、巣がある場合には一刻も早く専門業者に駆除を依頼しましょう。

キイロスズメバチの巣の特徴と営巣場所

「もしかしたら巣ができているのかも…」
「でもキイロスズメバチの巣ってどんな見た目なのかな?」

家の周囲でよくキイロスズメバチを見かけるという方は、近くに巣を作られている可能性が高いでしょう。

キイロスズメバチはどんな場所であっても巣を作ることができます。
そのため、見つけにくい場所に隠れていた巣が気がついたら大きくなっていた…ということがよくあるんです。

ここからは、キイロスズメバチの巣の特徴をお伝えしたのちに、営巣場所についてもご紹介いたします。

巣の特徴

キイロスズメバチの巣

キイロスズメバチの巣は木目のようなマーブル状の模様があり、縦長のボールのような形をしています。

巣の内部は巣盤と呼ばれる板がいくつも重なった複層構造。
巣盤上には、幼虫が一匹ずつ過ごす部屋(育房)がびっしりと詰まっています。

巣の大きさは他のスズメバチと比べてケタ違いに大きく、最大で直径1メートルほどまで大きくなります。
この大きさになると10キロ近い重さになり、6枚の巣盤に1万もの育房ができていることもあるんです。

ハチおじ
 実はキイロスズメバチの巣はモンスズメバチの巣とそっくり!
違いとしては、モンスズメバチの巣は下側が大きく空いています

営巣場所

スズメバチはふつう、種類ごとに特徴的な営巣場所をもちます。
たとえばオオスズメバチは土の中などの閉鎖空間に巣を作り、コガタスズメバチは軒下などの開放的な場所に巣を作ることがほとんどです。

しかし、キイロスズメバチは閉鎖的・開放的とわずに巣を作ります。
キイロスズメバチに巣を作られた実例があるのは、以下のような場所です。

■閉鎖的な場所

  • 木のうろの中
  • 床下
  • 屋根裏
  • 壁の隙間
  • 戸袋の中
  • パイプの中

■開放的な場所

  • 軒下
  • 家の窓枠やサッシ
  • 樹木の枝

実際に軒下に巣を作られた様子がこちら

そのほか、橋の下や看板・ゴミ箱の中・放置した廃材やダンボールの隙間・トンネルの天井など、さまざまな場所に巣を作ります。

ハチおじ
場所によらず多くの場所に営巣できることも影響して、都心部まで生息域を広げることができたんです。

巣の引越しをすることも

キイロスズメバチは巣の引越しを行うことがあります。
はじめは閉鎖空間に巣を作ったのち、より広い場所を求めて開放的な場所へ移動するのです。

わざわざ引っ越す理由には、子育てと巣の増築を効率化するためと考えられています。

旧巣は巣の増築作業がなくなり、働きバチは子育てに集中できます。
その間に引越し先の巣では新たに卵を育てつつ巣作りができるため、育児と快適な空間づくりを両立できるんですね。

ハチおじ
外敵に見つかる危険がありながらも、多くの子孫を残すために引越しを行うんです!

巣の引越しを行う6〜8月ごろに見かけるようになった働きバチは、その周囲を引越し先の候補として探索している可能性が高いでしょう。

引越し先での巣作りには女王バチに加えて働きバチも参加するため、「いきなり大きな巣ができていた!」と驚いてしまうほど、あっという間に巣が大きくなってしまいます。

ハチおじ
引越し先の巣の中には大量の働きバチが潜んでいます!
自力での駆除は大変危険なので、見つけたら専門業者に駆除を依頼しましょう!

実は引越し先の巣を駆除しても、古い巣が残っている限り再び巣を作られてしまう可能性が高いんです。
この古い巣は人目につきにくい場所にあることが多いため、発見が難しいんですよね。

しかし業者に駆除を依頼すれば、古巣も見逃すことなく発見・駆除してくれるため、再発の心配もなく安心ですよ。


 

ここまで、キイロスズメバチの生態や巣の特徴についてお伝えしてきました。
重要なポイントを振り返りましょう。

  • 攻撃性が高く、巣に対する警戒心も高いため非常に危険
  • 昆虫からゴミまで幅広くエサにすること、どんな場所にでも営巣できることから都心部での被害が増えている
  • 巣の引越しも行い、大量の働きバチによって突然巣ができることがある

キイロスズメバチの危険性について、十分知ることができたのはないでしょうか。

最後に、キイロスズメバチに刺されないための対策法についてご紹介いたします。

【被害多】キイロスズメバチに刺されないためには

刺されないためのポイント3つ

私たちの身の回りに潜むキイロスズメバチに刺されないために、この後ご紹介する対策法をしっかり身につけましょう!

刺されないためのポイント3つ

キイロスズメバチは警戒心・攻撃性がトップクラスに高いスズメバチ。
少しでも自分自身や巣に危険が迫ると、攻撃態勢に移ります。

そのため、刺されないためには何よりも刺激しないことが大切です。
具体的には、次の3つのポイントを意識しましょう。

  1. 刺激を与えない服装、匂いを心がける
  2. 巣に近づいたり、振動を与えない
  3. 近づいてきても手で追い払ったりせず、静かにその場を離れる

刺激を与えてしまう服装とは、黒っぽいもの、ひらひらと動いてしまうものが当てはまります。
また香水や整髪料などの強い匂いはキイロスズメバチを興奮させてしまうため、身に付けるのは避けましょう。

ハチおじ
巣には絶対近づいてはいけませんよ!

さらに詳しく

こちらの記事ではスズメバチに刺されないための対策法を、「巣を見つけたとき」「登山やキャンプに行くとき」など5つの状況別にご紹介しています。
こちらもあわせてご確認くださいね。
【状況別】スズメバチに刺されないための対策法

刺されたらどうする?応急処置について

万が一キイロスズメバチに刺されてしまったときは、まずはその場から離れて安全を確保しましょう!
スズメバチの追跡力の高さを考えると、30メートル以上離れる必要があります。

その後、以下の手順に従って応急処置を行います。

  1. 刺された箇所を水で洗い流す
  2. 針が残っている場合は爪で弾き飛ばす
  3. 指や爪で摘んで、毒を絞り出す
  4. 氷や濡らしたタオルをあて、冷やす

毒を絞り出す際は、ポイズンリムーバーがあるとより確実ですよ。

【2020年改良版】ポイズンリムーバー 強力型

Amazonで詳細を見る

価格:¥2,100
(2021年7月2日10:00時点のAmazon価格です)

また、スズメバチの毒に有効なステロイド軟膏を塗ると症状を抑えることもできます。

【指定第2類医薬品】ムヒアルファEX

Amazonで詳細を見る

価格:¥800
内容量:15g
(2021年7月2日10:00時点のAmazon価格です)

ただし、これらはあくまでその場しのぎの応急処置。
刺されると最悪の場合死に至るほど危険ですので、応急処置をした後はすぐに病院にいきましょう。

仮に病院に行かず放置してしまうと、こんなに腫れ上がってしまう可能性があります…

ハチおじ
病院は皮膚科を受診し、めまいや吐き気などの全身症状が出た場合はアレルギー科や救急科を受診しましょう。

キイロスズメバチを見かけたらすぐに駆除しましょう

スズメバチに刺されないための対策法や応急処置についてご紹介しましたが、最も効果的な対策は巣を駆除してしまうことです。

ただし、自力での駆除は危険が伴うためオススメできません。
スズメバチ駆除の専門業者にお任せしてしまいましょう。

ハチおじ
ハチおじイチオシの駆除業者は、みんなのハチ駆除屋さんです!

「業者に依頼したことがないから、信頼できるのかわからない…」という方が多くいらっしゃることでしょう。
そこで、みんなのハチ駆除屋さんに依頼してから駆除が完了するまでを、詳しくご紹介いたします。
実際に依頼した際にどのような流れで進むのか、参考にしてくださいね。

step
1
電話かメールで依頼


都合が合えば、最短30分で到着してくれます!

step
2
無料の現地調査・お見積もり


必要な作業と料金をわかりやすく説明してくれます。ここでキャンセルしても料金は発生しませんよ◎

step
3
キイロスズメバチの巣を駆除!


作業車に機材や高所作業用のハシゴを積んでいるため、すぐに作業してくれます!

step
4
実際どのように駆除したか・今後の予防についてアドバイス


駆除後は撤去した巣を確認できるので、「本当に駆除してくれたのかな…?」と心配な方も安心!再発対策についても説明してくれます。

step
5
万が一再発した場合はアフターフォロー!


駆除後1週間以内であれば、アフターフォローで対応してくれます!
※同じ場所に同じ女王バチが巣を作った場合

ハチおじ
到着時間の早さや、作業前後に作業内容の説明や今後のアドバイスをしてくれる点など、あなたが安心できるサービスが充実している業者ですよ

ぜひ、みんなのハチ駆除屋さんへのご依頼を検討してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?
最後に、この記事のポイントをあらためてお伝えいたします

ハチおじ要点チェック

  • キイロスズメバチは多くの刺傷被害をもたらす、危険なハチ
  • キイロスズメバチは背中にあるオレンジ色の模様で見分ける
  • 巣には木目のような模様があり、大きいボール型
  • キイロスズメバチを見かけたら、すぐに業者に駆除を依頼するべき

私たちが生活しているすぐそばで活動しているキイロスズメバチ。

興味本位で巣に近づくと、中から現れた大量の働きバチに襲われてしまう可能性があります。

決して自力で駆除しようとせず、一刻も早く専門業者に駆除をご依頼してくださいね!
それでは!

-スズメバチの基礎知識

Copyright© 【ハチおじ】ハチ大好きおじさんのスズメバチ相談室 , 2021 All Rights Reserved.