スズメバチの針

スズメバチの基礎知識

スズメバチの針の構造とは?何度も刺してくる攻撃性の高さに注意

投稿日:

「スズメバチの針ってどんな構造なの?」
「1回刺したら死ぬって本当?」

ハチおじ
みなさんこんにちは!ハチおじです!
スズメバチの針の構造や、その使い道について解説いたします。

スズメバチの針は、注射針のように1本の細い管のみでできているわけではありません。
細い「刺針」の中にノコギリ状の「尖針」が納まった、特殊な構造をしています。

さらに針には「かえし」がついておらず、針を抜くときに相手の皮膚に引っかかりません。
そのため1回刺すと針が抜けずに死んでしまうミツバチと違って、何度でも刺すことができるんです。

この記事では、スズメバチの針の構造や特徴、使い道についてより詳しく解説していきます。
さらに「もし刺されたらどうしよう…」と不安な方のために、応急処置の手順についてもお伝えしますよ。

スズメバチの針について正しく理解し、あなたの疑問が解消されましたら幸いです。
それでは参ります!

ハチおじのコンセプト

【ハチおじ】スズメバチ大好きおじさんのスズメバチ相談室は、スズメバチに関するあらゆる悩みの解決を目的として運営しているサイトです。
豊富な知識や駆除経験を持つ歴30年のハチ愛好家・ハチおじが、生態や駆除方法、対策方法までスズメバチの悩みをまるっと解決します。
▶サイト立ち上げの思いを詳しく見る

スズメバチの針の構造

針を出したオオスズメバチ

そもそもスズメバチの針は、卵を産みつけるために使用される産卵管が変化したものです。
そのため、針があるのはメスの女王バチと働きバチのみで、交尾を行うオスバチには存在していません

針の長さはおよそ4〜7mmほどですが、使用時以外は腹部の中に収納されています。

そんなスズメバチの針の構造について解説いたしますね。
まず、針は「刺針」と「尖針」の2種類の針が組み合わさってできています。

  • 刺針:硬くて細い管状の針。毒のうにつながっている
  • 尖針:先端にノコギリ状の歯をもった針

1本の刺針の中に、対となった尖針が背中合わせで納まっています。
相手を刺すとき、刺針の中から2本の尖針が飛び出してくるのです。
そして強靭な筋肉を用いて尖針を交互に動かすことで、皮膚の深くまで突き刺してきます。

毒液は刺針の内部を通って、体内へと注入されます。
尖針の表面にも毒液が付着しているため、傷口のあたりにもべっとりと付着してしまうんです。

特徴:何度でも刺すことができる

スズメバチの針の大きな特徴は、何度でも刺すことができる点です。
針に「かえし」と呼ばれる逆方向に向いたトゲのようなものがついていないため、相手の皮膚に引っかからずに引き抜けるんですよ。

ハチおじ
一方、ミツバチの針にはかえしがついているため、一度刺した針を抜こうとすると腹部ごとちぎれて死んでしまいます。

仮にスズメバチの胴体から針が抜けると、毒のうや内臓も一緒に引き出されてしまいます。
そのため、抜けた後はミツバチと同じように数分で死んでしまうんです。

【なぜ刺すのか?】針の3つの使い道

スズメバチの巣

スズメバチの針には次の3つの使い道があります。

  1. 相手を威嚇するため
  2. 攻撃のため
  3. 警報フェロモンを出すため

スズメバチは、敵を見つけ次第むやみやたらに攻撃してくるわけではありません。
巣を守るために外敵を攻撃したり、エサの採集を妨害してくる相手に対して攻撃したりと…
いわば、自らを守るために針を使用するのです。

エサである昆虫を狩る際に針が使われることもほとんどないんですよ。

そんなスズメバチの針の使い道を詳しく見ていきましょう。

1.相手を威嚇するため

スズメバチは、巣に対する防衛本能がとくに高い生き物です。
その防衛本能の高さは、巣の入り口付近で監視役の働きバチが絶えず見張っているほど。

そんなスズメバチの巣にうっかり近づいてしまうと、働きバチが周囲を飛び回りながら、「これ以上近づくな!」と針を見せつけて威嚇してきます。
また、大アゴをカチカチと鳴らしたり、大きな羽音を出すこともあります。

ハチおじ
凶暴なオオスズメバチは、巣から10m離れた場所でも威嚇することがあるんですよ…!

さらに巣の周囲以外にも、エサとなる樹液が豊富な場所などでも威嚇行動をとります。
その場にいた昆虫や近づいた人間を追い払い、エサを独占しようとするのです。

2.攻撃のため

威嚇をしても外敵がその場から離れない場合には、毒針を刺して攻撃してきます。

スズメバチの攻撃パターンは大きく2種類。
1つは、相手に凄まじい勢いで突進し、ぶつかった瞬間に毒針を刺す方法です。
さらに、大アゴと足でしっかりと体を固定したのちに、毒針を何度も打ち込む方法もあります。

3.警報フェロモンを出すため

スズメバチの毒には、警報フェロモンとしての効果があります。
針は、その警報フェロモンを空気中へ霧状に散布するために使用されるのです。

ハチおじ
警報フェロモンによって同じ巣の働きバチを集め、興奮状態にさせてから一気に襲いかかります!

警報フェロモンが放出されるときは、巣に石が投げつけられるなどして直接的な刺激があった場合です。
オオスズメバチなどは土の中に営巣するため、近くを歩いたことによる振動によっても危機を察知し、警報フェロモンを放出します。

また、この警報フェロモンの危険性は働きバチを集め、興奮状態にさせることだけではありません。
目に入ってしまうと、失明の可能性があるんです。

霧状になった毒液の一部が眼球に入ったらしく、激痛とともに両目ともほとんど開けていることができなくなった。
引用『スズメバチはなぜ刺すか』 松浦誠 p41

被害を受けたこの方は、防護服の顔部分にあった隙間から霧状になった毒が入り込んだようです。
防護服を着ていても油断できませんね…。


 

以上3つがスズメバチの針の使い道です。

スズメバチに刺されないようにするためには、とにかく巣に近づかず刺激を与えないことが大切ですよ。

また、万が一刺されてしまったときに症状が重症化しないように、応急処置の手順を身につけておくことも大切です。
そこでここからは、スズメバチに刺されたときに表れる症状と、応急処置のやり方についてご紹介いたします。

スズメバチの針に刺されたときの症状

スズメバチに刺されて腫れた手

スズメバチの針に刺されると、刺された場所を中心に次のような局所症状が表れます。

  • 痛み
  • 腫れ
  • 痒み
  • 痺れ

この局所症状は2、3日〜1週間ほどで治ることがほとんどです。

しかしまれに、毒の中に含まれる成分によってアレルギー反応が生じ、以下のような全身症状が表れることがあります。

  • めまい
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 動悸

全身症状が重症化すると、アナフィラキシーショックと呼ばれる危険な状態になるんです。

アナフィラキシーショックを引き起こすこともある

アナフィラキシーショックは全身にじんましんがでたり、血圧の低下や意識障害、けいれんなどの命に関わる症状が表れている状態です。

「2回刺されないとアナフィラキシーショックにならないんじゃないの?」と思われる方が多くいらっしゃいますが、実は間違い。

体質的にすでにハチ毒に対するアレルギーを持っている方や、一度に大量の毒を注入された場合は、刺されたのが1回目であってもアナフィラキシーショックを引き起こす可能性が十分にあるんです。

刺されたらすぐに応急処置を

万が一スズメバチに刺された場合には、以下の手順に沿ってすぐに応急処置を行いましょう。

  1. ゆっくりとその場を離れ、安全を確保する
  2. 刺された場所を水で流し、よく洗う
  3. 指や爪で患部をつまみ、毒を絞りだす
  4. 抗ヒスタミン系のステロイド軟膏を塗る
  5. 病院へ行き、皮膚科・アレルギー科で適切な治療を受ける

毒を絞りだす場合は、こちらのポイズンリムーバーがあるとより効果的です。

【2020年改良版】ポイズンリムーバー 強力型

Amazonで詳細を見る

価格:¥2,100
(2021年7月16日16:00時点のAmazon価格です)

また、ステロイド軟膏はこちらの商品が価格・効果ともにオススメですよ。

【指定第2類医薬品】ムヒアルファEX

Amazonで詳細を見る

価格:¥767
内容量:15g
(2021年7月16日16:00時点のAmazon価格です)

スズメバチに遭遇する機会の多い登山やキャンプに向かう際は、必ず準備してくださいね。

全身症状が出た場合は、まずはじめに救急車を呼びます。
そして4の手順まで応急処置を行ったのちに、仰向けになりつつ両足を15cmほど高くした姿勢(ショック体位)をとりましょう。

まとめ

この記事でお伝えした重要なポイントを振り返ります。

ハチおじ要点チェック

  • スズメバチの針は「刺針」と「尖針」から構成されている
  • 1回刺したからといって死なず、何度でも刺すことができる
  • スズメバチの針には「威嚇」「攻撃」「警報フェロモンを出す」の3つの使い道がある

針について知ることで、スズメバチの危険性について十分理解していただけたのではないでしょうか。

ハチおじ
もし家の近くに巣を作られている…という場合は、すぐに専門業者に依頼して駆除してもらいましょう!

オススメの業者はみんなのハチ駆除屋さんです。
高所にできた巣の撤去はもちろん、1匹がうろうろしている…という状況でも対応してくれます。

たとえ1匹だけであっても、床下などの見つけにくい場所に巣ができている可能性があるため油断は禁物。
しっかりと現地調査をして巣がないか確認したのちに、駆除に取りかかってくれますよ。

あなたやご近所の方が刺されてしまっては大変です。
一刻も早く駆除を行い、安心して生活できる日常を取り戻しましょう。

それでは!

-スズメバチの基礎知識

Copyright© 【ハチおじ】ハチ大好きおじさんのスズメバチ相談室 , 2021 All Rights Reserved.